叔父さんがやってきた その1

 おばあちゃんの弟がやってきた。千葉に住んでいるため、「オレのことはディズニーって呼んで」といわれ、なおにょろも最初は困惑していたものの、「おとうさん、ディズニーのおじさんがやってきたよ」と話をしていた。
 2泊3日の滞在。ケアハウスに入っているおばあちゃんもおじちゃんにあわせて、おうちにやってきた。
 アヤキー、なおにょろもがんばって騒いでみんなを楽しませていた。
 

たまごっち入手!

 赤いシリーズが30日に入荷するということで、朝7時に家を出発して、高速にのって、下関のトイザらスまで行く。8時すぎについたというのに、もう折り返しになっていて、びっくり。雨も降ってくるし、大変だった。約2時間のち、無事たまごっちをゲットすることができた。
 なおにょろは、案外ピンときてなくて、いとこのあっくんとそのお友達に送ることになる。親の心子知らずといったところか・・・。
 

ポケモン映画を見に行く

 いつもより早く帰ってきたとうちゃんとポケモンの映画を見に行くことに!映画の間かあちゃんは、アヤキーとショッピング。
 映画を見た後も興奮して話を続ける。「オレ、映画を見るの夢じゃったんじゃー」と嬉しそうだった。

お泊り保育 

 
 朝10時に解散場所に迎えにいく。嬉しそうにまつなおにょろ。
 「さみしくてないたんじゃろ?」と聞いてくるなおにょろに、「そんなことなかったよ」というと、「誰がさみしくてないとった?おとうさんは泣いとったやろ?」と聞いてきた。
 でも確かにいつも人一倍うるさいなおにょろがいないと、まさにシーンという感じだった。やはりアヤキーも一人では騒げなくて、パワーダウンという感じだった。

 朝から、ラジオ体操、フィールドビンゴなどをしたもよう。

お泊り保育

 ついに、年長さんの一泊二日のお泊り保育。集合時間のかなり前から、そわそわして、「早く行かんと遅刻するじゃん!!」と半泣き。
 幼稚園に着くと、親と離れたくなくて、半泣きしている子をよそに、「じゃーねー」といったっきり振り向きもせずに去っていった。親の方がなんとなくその場に残ってしまった。


 今日の予定は、川遊び、花火、キャンプファイヤーなど。
 

親子体操教室

 バザーの次の日というのに、朝早くから起きて、騒ぐなおにょろ。
 同じ幼稚園の子も来ていて、みんなケロってしていた。
 とうちゃんは相変わらず、ダウンでかあちゃんとアヤキーと参加。

今日は子どもの幼稚園のバザーの日。

 熱は少し下がったものの、とても行けそうにない父ちゃんはお休み。今年は年長さんということもあって、年長さんだけでやる喫茶店ではりきる。アヤキー、ばあちゃん、母ちゃんに、ジュースを飲んでもらって嬉しそうだった。

 一足先にアヤキーとばあちゃんは帰り、なおにょろと母ちゃんでバザーを回る。おもちゃくじでは、相変わらずくじ運のよさを披露し、1等賞。でもなぜか女の子のおもちゃがあたった。

 盆踊り、花火をみて満足するなおにょろであった。